長野県原産地呼称管理制度

長野県原産地呼称管理制度

産地と品質を保証する制度

長野県原産地呼称管理制度とは、全国でトップクラスの生産量を誇る長野県産農産物等の品質の良さをブランドとしてアピールするため、長野県が主導し、平成14(2002)年にはじまった制度です。「味覚」「栽培方法」「生産方法」の観点から審査を行います。とくに味覚においては、日本酒官能審査委員に、唎酒師やソムリエ、日本酒ジャーナリストなどの有識者を迎え、香り・味・バランス等について厳しい審査を実施。通過した日本酒だけが「長野県原産地呼称管理制度認定日本酒(N.A.C.日本酒)」と名乗ることが許されています。本制度は、日本酒のほか、焼酎、ワイン、シードル、米で実施されています。

※長野県原産地呼称管理制度=Nagano Appellation Control(通称N.A.C)

日本酒官能審査委員会

  • 蟻川幸彦(一般社団法人長野県食品工業協会 事務局長)
  • 飯田永介(株式会社岡永 社長)
  • 石田通也(フレンチレストランLe SALON オーナー)
  • 狩野卓也(株式会社酒文化研究所 社長)
  • 君嶋哲至(株式会社横浜君嶋屋 社長)
  • 山同敦子(食と酒のジャーナリスト)
  • ジョン・ゴントナー(日本酒ジャーナリスト)
  • 高野 豊(マスターソムリエ)
  • 藤田千恵子(フリーライター)
  • 松崎晴雄(酒類ジャーナリスト)
  • 小野玄記(関東信越国税局鑑定官室長)
  • 馬渕博臣(テラス蓼科)
  • 村松裕也(株式会社角口酒造店)
  • 中野 淳(宮坂醸造株式会社)
  • 森本貴之(大信州酒造株式会社)

日本酒のおもな審査基準

  • 国税庁告示(平成元年11月22日)に基づく純米酒であること
  • 長野県産米100%であること
  • 精米歩合が70%以下であること
  • 精米から発酵、瓶詰めまでの一切が長野県内で行われていること
  • 採水地が長野県であること
  • 液化仕込みではないこと
  • 自醸酒であること
  • 香り・味・バランス・総合の4項目について官能検査を実施

認定日本酒のラベルでのおもな記載事項

  • 日本酒の分類
  • 長野県産米の使用割合100%
  • 精米歩合
  • 醸造地(市町村名)
  • 採水地

☆これまでの認定品はこちら
https://www.pref.nagano.lg.jp/jizake/sangyo/brand/nac/sedo